狩猟をする人は加入したいハンター保険

ハンター向けに設計された保険

ハンター保険とは、ハンターとして仕事をする人向けに設計された保険です。
ハンターは動物の狩猟を行う人を指し、通常の仕事とは異なる危険がたくさんあります。
銃や猟具を使って動物を狩るため、ときにはこうした道具を破損してしまったり、自分が狩猟中に怪我をしてしまったりすることがあるのです。
ハンターは自分の体で仕事をするため、怪我をしてしまうと仕事ができなくなり生活への大きな損害となるリスクがあります。

こうしたトラブルに備えるのが、ハンター保険です。
この保険は狩猟の仕事で想定されるリスクについて補償してもらえる内容となっており、万が一のときに安心できます。
ハンターの仕事をしている、もしくはこれからハンターとして活動する場合、この保険への加入を考えてみてください。

ハンター保険の保障内容は大きく3つ

ハンター保険の保障内容は3つあり、まずは「傷害保障」が挙げられます。
ハンターは仕事中に怪我をしてしまうことがありますが、このときに怪我の治療代や入院費用を保障してもらうことができます。

動物の狩猟をする上で、がんなどになることは少ないかもしれません。
しかし骨折などをしてしまう可能性は充分あるため、傷害保障は大切なポイントと言えます。

次に「個人賠償責任」という補償もあります。
ハンターの仕事をしていると、ときには誰かの所有物などを破損してしまうことがあります。
たとえば鳥を狙って銃を打ったのに、誰かの別荘に当たってしまったり、他人のペットだったりすることがあるのです。
この場合は自分がその損害費用を弁償する必要がありますが、保険に加入していれば保障してもらえます。

最後に、「猟具の保障」もしてもらえます。
ハンターとして働く上で大切なのが、猟具です。
猟具は銃や網などさまざまな種類があり、物によっては高額なこともあります。
破損してしまうと買い直すのが大変な場合もあるため、保険をかけておくと安心です。

入会金と年会費がかかり、その他のサービスもある

ハンター保険は年会費だけでなく、入会金もかかるため確認しておく必要があります。
例として「銃のみ」でハンター保険に加入する場合、入会金は1万円、年会費は1万2千円となっています。
学生の場合は、年会費が8千円と割安になります。
「銃+罠」のハンター保険は、入会金が1万円、年会費が1万8千円となっています。

また、保険に加入すると会員専用のSNSや定例会に参加できるようになるため、ハンター同士のつながりもできます。
ハンターとして活動するなら、同業者との繋がりもとても大切です。
保険に加入することでハンターとしての人脈も広がるため、そのための費用と考えるのも良いでしょう。