ゴルフ中のリスクを補償するゴルファー保険

ゴルフにはさまざまなリスクがある

ゴルフは幅広い人に人気のスポーツですが、実はさまざまなリスクがあります。
まずは「ゴルフ中に、自分が怪我をしてしまう」という場合です。
ゴルフは年齢が高くなっても楽しめるスポーツですが、無理をすると怪我をしてしまうことがあります。
すると病院での治療費や入院費用がかかり、大きな出費になることがあります。

次に「周りの人に怪我をさせてしまう」ということもあります。
ゴルフはボールを遠くに飛ばしますが、飛ばしたボールが観客や周りの人に当たってしまうことがあります。
この場合、ボールを打った本人がその治療費を負担しないといけないことがあるため、注意しておく必要があります。

また、「ゴルフ用品が盗まれてしまう」というリスクもあります。
ゴルフクラブやバッグなどは高額なものが多く、ゴルフにお金をかけている人も多いです。
人によってはゴルフ用品に数十万円やそれ以上のお金をかけていることもあるため、盗難に遭ってしまうと大きな損害になります。

さらに「ホールインワンやアルバトロスをしたとき」も、実は費用が発生します。
ホールインワンやアルバトロスはとてもめでたいことですが、「周りの人とその喜びを分かち合わないといけない」という風習があります。
つまりお祝いをする必要があり、その費用を自分が負担する必要が生じます。

ゴルフはこのようにさまざまなリスクがありますが、ゴルファー保険に加入すればこれらのリスクについて保障してもらうことができます。
ゴルフが好きなら、ぜひ加入しておくのをおすすめします。

ゴルファー保険の気になる保険料

ゴルファー保険の保険料は、保障金額をどれくらいにするかで変わります。
賠償責任を5,000万円、ゴルファーの傷害を320万円、ゴルフ用品を10万円、ホールインワン・アルバトロスを10万円まで補償してもらう場合、年間の保険料は3,000円です。
これは1年間の金額なので、比較的利用しやすい金額と言えます。
さらに保障を手厚くすると、6,000円や9,000円のように上がっていきます。

どれくらいの保険料をかけるかは、「1年でどれくらいゴルフに行くか」を基準にすると良いでしょう。
ゴルフに行く機会が多いほどリスクは大きくなり、保険の重要性も高くなります。
1年でたまにゴルフへ行くくらいなら、それほど高い保険に加入する必要はないでしょう。

ゴルファー保険は、注意事項や約款をきちんと確認

ゴルファー保険に加入するときには、必ず重要事項や約款をきちんと確認することが大切です。
公式サイトには概要をまとめたページもありますが、保険の詳細は重要事項や約款でしか分かりません。
加入してから後悔することのないよう、前もって細かな点までチェックしておきましょう。