特定疾病保障保険・三大疾病保険とは?

特定疾病保障保険・三大疾病保険とはどのような保険なのか

保険の種類のひとつに、「特定疾病保障保険・三大疾病保険」という保険があります。
これは日本人が特になりやすい病気を患ったときに適用される保険です。

日本人の多くがなりやすい病気として、がん、急性心筋梗塞、脳卒中があります。
これらの病気は重度の高い病気で、場合によっては死に至ってしまうことがあります。
万が一こうした病気を患ったときに特定疾病保障保険・三大疾病保険へ加入しておけば、入院したり手術が必要になったりした場合でも保証を受けることができます。

病気によってどのような症状が出たときに保険が適用となるかは異なり、きちんと確認して加入する必要があります。
保険が適用となる基準として、たとえば「両方の視力が完全にゼロとなってしまった場合」「言葉を発せなくなってしまった場合」「手足が動かなくなってしまった場合」などがあります。

受け取れる保険金について

特定疾病保障保険・三大疾病保険へ加入することで受け取れる保険金は、「治療費」と「入院費」に分かれます。
がんなどの病気になったときには、病院で手術や適切な治療を行ってもらうケースと、病院へ入院して療養や治療をするケースがあります。

治療費は1度のものであり、大きな金額がかかる傾向にあります。
入院費は1日ごとに費用がかかり、1ヶ月などに換算すると大きな額になります。

特定疾病保障保険・三大疾病保険は種類によって、これらどちらの費用をどの程度支給してくれるのかが異なります。
保険を検討する際には、内容を確認して選ぶと良いでしょう。
治療費と入院費は両方とも費用がかかりやすいため、できればどちらもバランス良く重視したものを選ぶことが大切です。

特定疾病保障保険・三大疾病保険のメリット・デメリットと注意点

特定疾病保障保険・三大疾病保険のメリットは、「特定の病気に対して、保険を手厚くできる」という点が挙げられます。
特にがんは遺伝の影響もあると考えられており、家族にがんを患ったことがある人がいる場合、自分もがんになりやすい可能性があります。
こうした場合、特定疾病保障保険・三大疾病保険に加入すればがんになった場合に重点を置いて保険を考えることができます。

また、「病気の種類を限定していることで、保険料を抑えやすい」というメリットもあります。
病気にはさまざまな種類があり、どれも保険を適用させるようにするには大きな費用がかかります。
しかし3種類のいずれかの病気に絞ることで、保険料の負担を抑えやすくなります。

特定疾病保障保険・三大疾病保険のデメリットは、「特定の病気しか保証の対象にならない」ということです。
特定疾病保障保険・三大疾病保険はがんなどの保証をしてもらうことができるものの、逆にいうとそれ以外の病気の保証にはなりません。
どの病気に対する保証を手厚くしたいかを考える必要があることに注意してください。