公務員なら知っておきたい、年金のこと

公的年金について知っておくべき

保険を考える上で知っておくべきこととして、「年金」があります。
年金は国が設けた「公的年金」と、民間企業が主に提供している「私的年金」があります。
特に公的年金は日本に住んでいる人は全員が加入する制度のため、内容を理解しておくことは大切です。

年金は毎月の掛け金を支払うことで、65歳以降に給付を受けることができます。
高齢になると仕事を退職することが多く、年金は将来の収入の大きな柱になります。

ただ、年金について理解している人は、実はあまり多くありません。
年金の支払いは会社の給料から天引きになっている場合が多く、気付かないうちに年金の支払いをしているのです。
これでは仕組みを理解せずに年金制度を利用してしまうことになり、保険や将来について考える上で困ることがあります。

そこでここでは、公的年金について解説します。
制度を正しく理解することで、より将来に向けた人生設計をしやすくなるはずです。

公的年金制度の仕組み

公的年金制度は住宅に例えることができ、3階建ての建物のようなイメージで考えると理解できます。
まず、年金を受け取る人は3つの分類がされており、それぞれ第一被保険者、第二被保険者、第三被保険者と呼ばれています。

第一被保険者は主に自営業の人で、国民年金を受け取ることができます。
国民年金は建物の1階にあたるため、基礎年金と呼ばれることもあります。

次に第二被保険者は会社員や公務員で、厚生年金に加入します。
会社員や公務員が加入する年金制度は2階建てとなっており、国民年金で受け取れる額に加えて厚生年金も支給してもらうことができます。
一般的に自営業より会社員のほうが受け取れる年金が高いですが、これは上記のような理由によるのです。

さらに第三被保険者として、専業主婦が挙げられます。
第三被保険者は第一被保険者と同じく、国民年金に加入します。

年金制度は3階建ての建物に例えられますが、国民年金と厚生年金で2階までが構成されています。
3階にあたる部分は私的年金で、それぞれの人が必要に応じて加入します。

年金について知ると、保険も検討しやすくなる

年金制度は以上のような仕組みになっており、特に公務員は知っておくべきです。
もちろん会社員や自営業、専業主婦でも年金制度は必ず理解しておくと良いですが、公務員は年金制度の運営側として働くこともあるため、しっかりと把握しておく必要があります。

これまで年金についてあまり考えてこなかった場合、まずはここで紹介した知識を学びましょう。
そして年金制度について詳しく知ることができる厚生労働省などのページを見てみると、さらに理解が深まるはずです。
年金について知ることで、自分に必要な保険も見極められるようになります。
自分が年金制度に加入していることを自覚して、勉強していきましょう。