生命保険見直しのポイント

生命保険を見直すときには、3つの点に注目するべき

生命保険は一度加入したらそのままにするのではなく、ときどき見直すことが大切です。
生命保険はさまざまな会社から販売されており、それぞれで内容が異なります。

保険は「あまりよくわからない」と考えて、一度契約したら同じ保険に加入し続ける人がたくさんいます。
ですが保険商品は毎年新しいものが登場しており、その中には従来のものよりも内容が良く、更に保険料も安くなっているものがあります。
こうした保険に切り替えないのは損なため、見直すことが大切なのです。
保険を見直すときは、大きく分けて4つのポイントに注目すると良いです。

必要な保障と、保障額を考える

見直すときの1つ目のポイントは、「必要な保障かどうかを考える」ということです。
保険はわかりにくいため、「とりあえずこれにしよう」と選んでしまったり、特約を付けたりしてしまいがちです。
当然ですが保障が手厚くなるほど保険料は上がり、毎月の費用負担が上がります。

保険はあくまでも「万が一に備えるためのもの」であり、あまりお金をかけすぎると無駄になってしまうことがあります。
そのため保障内容をあらためて確認して、「これは必要なかった」というものは外すようにしましょう。

保険に初めて加入するときは知識がゼロの状態なので、何も分からず加入してしまうことがよくあります。
ただ、加入してしばらく経つと何となくでも知識がついてくるため、特約の内容などを判断できるようになるはずです。
保険の知識がある程度ついた今の状態であらためて見直しをすると、無駄が多かったことに気づくはずです。
もちろん必要なものまで外してしまうのは良くありませんので、必要十分な内容を心がけましょう。

次に注目するべきなのが、「保障額」です。
必要な保障が含まれていたとしても、保障額が適切でなければ良い保険とは言えません。
保障額を考えるときは、これからのライフプランを考えてみましょう。
すると具体的に今後の生活をイメージすることができ、保障額がどれくらいなら良いかを考えやすくなります。

保障期間や払込期間も、しっかりチェック

最後に確認するべきなのが、「保障期間」と「払込期間」です。
一見料金がお得なように見えても、実は保障期間が短いだけという場合があります。
そのため料金を比較するときは、必ず同じ保障期間で照らし合わせることが大切です。

また、合わせて払込期間についてもチェックしておきましょう。
いつまでに払い終わりたいかを考えることで、適切に見直すことができます。

以上の4点に気をつければ、良い保険を選び直すことができます。
保険は人生の安心を約束してくれるサービスなので、しっかり見直すことが大切です。