掛け捨てタイプと積み立てタイプのメリット・デメリット

保険には掛け捨てタイプと積み立てタイプがある

保険を選ぶ上で必ず知っておくべきなのが、「掛け捨て」と「積み立て」という2つのタイプです。
この2種類は保険という意味では同じですが、特徴やメリット、デメリットが大きく異なります。

どちらが良いかと決めるのは難しく、自分の考えや家庭の状況によって選ぶタイプが異なります。
ここでは掛け捨てタイプと積み立てタイプについて解説します。

掛け捨てタイプのメリットとデメリット

掛け捨てタイプの保険は「毎月払う保険料が戻ってこないタイプの保険」です。
保険に加入すると、「掛け金」や「保険料」と呼ばれるお金を毎月払うことになります。

掛け捨てタイプの場合、そのお金は「保険サービスを受けるための費用」として払うことになるため、戻ってくることはありません。
病気や怪我、死亡などがあると保険金を支払ってもらうことができますが、掛け捨てタイプの月額料金は基本は「支払うだけで、戻ってこないお金」と考えるべきです。

ただし掛け捨てタイプの保険は、「料金が安い」というメリットがあります。
積み立てタイプに比べて毎月の費用負担が軽いため、多くの人が加入しやすいです。

掛け捨てタイプのデメリットはこれまで述べたように、「保証の対象にならない限り、お金を受け取ることはできない」ということです。
費用とのバランスを考えて、利用することをおすすめします。

なお、掛け捨てタイプであっても、年齢が高くなるごとに毎月の掛け金は高くなります。
高齢になると病気などになるリスクが高くなるため、保険の費用も上がるのです。

積み立てタイプのメリットとデメリット

積み立てタイプの保険は「毎月の保険料に、自分の貯蓄費用も含まれている保険」です。
毎月の保険料は全額が保険サービスに充てられるわけではなく、自分の貯蓄に充てられる分もあるのです。
積み立てタイプの保険は「貯蓄型」と呼ばれることもあります。

積み立てタイプのメリットは、「満期金や配当金を受け取ることができる」という点です。
保険には期間があり、満期になると満期金を受け取ることができます。
積み立てタイプの保険は毎月満期金のためにお金を貯めているイメージですが、保険会社が運用してくれるため、払った費用より少し多くなることがあります。
ただしもちろん積み立てタイプの保険は保険サービスにもお金を使っているため、月額料金を合計した金額より満期金が高くなるケースは少ないです。

積み立てタイプのデメリットは、「掛け金が高い」という点です。
掛け捨てタイプに比べると毎月の費用が高いため、よく考えて利用する必要があります。
もちろん満期になれば戻ってくるとはいえ、毎月の支払いが増えるのは家計のダメージになりやすいです。

以上のように、掛け捨てタイプの保険と積み立てタイプの保険は異なる特徴があります。
それぞれを理解して利用してください。