もしも加入している生命保険会社が破綻してしまったら

生命保険会社が、破綻してしまうこともある

生命保険は万が一のときに備えて加入するものですが、そもそも生命保険会社が破綻してしまうことがあります。
この場合、加入している保険がどうなってしまうのか、気になることは多いです。

生命保険会社が倒産などをしてしまった場合、大きく2つのパターンに分かれます。
1つ目は「別の保険会社が倒産した保険会社の保険や顧客を引き継ぐケース」です。
この場合は保険会社が倒産しても加入している保険が別の会社に引き継がれるため、問題なく保険サービスを続けることができます。
またこのとき、「生命保険契約者保護機構」という機関が新たな保険会社に資金を援助してサービスの引き継ぎを助けます。

もう1つのパターンは「倒産した保険会社の保険を、どの会社も引き継がないケース」です。
この場合、前述の生命保険契約者保護機構がこれまでの保険を引き継ぐか、この機関の子会社となる承継保険会社という会社がこれまでのサービスを継続することになります。

いずれにしても、「もし生命保険会社が破綻したとしても、何らかの形で保険は守られる」ということになります。
ただ、それでもリスクはあるため、前もってきちんと理解しておく必要があります。

保険サービスが継続されても、リスクはある

新たな会社や生命保険契約者保護機構がそれまでの保険を引き継いだとしても、契約によっては受け取れる保障金が減額となってしまうケースがあります。
保険を承継する会社は、予定していなかった事業をスタートすることになるため、資金が不足する可能性があるのです。
そのため既存の保険サービスと合わせて提供していくために、保障金の見直しがされることがあるのです。

また、予定利率が下げられてしまうこともあります。
保険会社は加入者から集まった資金を株などで運用し、そこで得られた利益を保険料から差し引くことがあります。
しかし保険会社が破綻すると、割引率である予定利率が引き下げられることがあるのです。

きちんとした、大手の保険を選ぶべき

生命保険にこれから加入するときには、上のようなリスクがあることを理解して申し込む必要があります。
また、保険会社が破綻するリスクを避けるためには、なるべく信頼できる、大手の保険会社を選ぶと良いでしょう。

最近は新しい保険会社も登場しており、その中には保険料が安いことを売りにしている会社もあります。
ただ、こうした会社は低価格な反面、破綻というリスクもゼロではありません。
これまで長く運営されている保険会社は経営が安定しており、急に倒産するリスクは低いと言えます。
もちろんそれでも破綻する可能性はありますが、ある程度は安心して加入できるはずです。