履行保証保険について

公共工事を落札したら

業者が請け負う工事にはさまざまなものがありますが、道路や橋を作るといった公共工事の場合、入札形式で工事の仕事を得るケースがままあります。
公共工事の仕事を落札したら、多くの場合契約保証が必要になります。

この時、請負業者は「履行保証保険」の契約を行なうところが多いです。
今回は、履行保証保険について解説していきたいと思います。

履行保証保険とは

近年の不景気から、土木関連企業の経営が不安定になっているところも少なくありません。
公共工事の仕事を依頼したはいいけれど、工事途中に請負業者の会社が倒産してしまうということも少なくないようです。

そうなると、依頼した会社は工事契約金を支払ってしまったのに最後まで工事完了させてもらえないことになってしまいます。

しかし工事は完了させないといけないので、また別の業者に工事を依頼しなければならず、前の請負業者と新しい請負業者、両方にお金を支払わなければなりません。
それでは依頼した会社は大きな負債を抱えてしまうことになりますので、万が一請負業者が倒産してしまった場合、それに伴って発生した依頼者の負債を補償してもらえる保険が履行保証保険になります。

履行保証保険は、公共工事が落札された段階で契約するよう義務付けている企業もあり、その場合は契約日から始まる保険契約をしなければならないなど、いろいろな決め事を設けているところも多いです。

しかし、実際には契約してから請負業者は履行保証保険に加入します。
契約していない仕事に対する保険をかけるというのは現実的ではないですものね。
となると、保険契約日を修正する必要があるため、請負業者は柔軟性のある保険会社との取引を作っておくということも重要になります。

履行ボンドとの違い

履行保証保険と似たものとして、履行ボンドという制度があります。
公共工事を落札した場合、履行保証保険と履行ボンドのどちらに加入すればよいか悩む請負業者もいるようですが、保険の加入については発注者がどちらの保険に加入するか指定されるケースが多いようです。

履行保証保険と履行ボンドの違いですが、履行保証保険は請負業者の倒産などのトラブルがは発生した際に、金銭的保証が行なわれるのに対し、履行ボンドは役務的保証受けられるという点に違いがあります。

役務的保証とは、請負業者が仕事を完遂させられなかった場合、別の請負業者に工事を依頼することが保証されるといった、金銭面ではない保証のことです。
履行保証保険と履行ボンドの保証の種類については、請負業者が選択するものではないため、発注者から特に指定がない場合は、請負業者が保険の契約をする際に発注者に確認し、指定されたほうを契約する形になります。