痴漢冤罪保険について

知名度が上がってきた痴漢冤罪保険

痴漢冤罪保険とは、「弁護士費用保険、賠償責任保険がセットになっている保険」のことです。

ジャパン少額短期保険株式会社が痴漢冤罪保険を販売しているのですが、先ほどの保険セットに加入する場合は、「月額590円、年額6400円の費用」で入れるようになっています。

また、なぜ今になって痴漢冤罪保険の知名度が上がってきているのかというと、それは「冤罪が存在するから」です。

昔であれば、性的欲求を満たそうとして痴漢を行なってしまう男性もいました。
ですが、今ではそのような男性が減ってきた、もしくは、手口が巧妙化しているため特定が難しくなった・・・という状況になっています。

痴漢を行う男性が減ることは良いことなのですが、今まで前例のなかった車両内でいきなり痴漢に遭遇する人もいるということです。
しかも、混んでいる車両内で犯行に及ぶケースが多いため、相手を特定するのが今も昔も難しいという状況になっています。

そのため、ただ隣に居合わせた男性が「この人、痴漢です」と言われて、そのまま逮捕・・・となってしまうケースもあるのです。
しかし、そのような時のために痴漢冤罪保険に入る男性が増えてきました。

痴漢冤罪保険の長所は、痴漢の疑いを受けている男性が、弁護士を通じてそのような問題を起こしていないと訴えられるところです。
個人では、言い逃れにしかならない場面であっても、弁護士を通じて話をしたい・・・という対応をとるだけで、状況が一変することもあるのです。

また、状況を詳しく調べ上げ、本当に痴漢を働いたのかを確認してくれるので、説得力も増しやすいという利点もあります。
このような対応を保険1つで受けられるようになっているため、今では、痴漢冤罪保険の知名度が上がっているのです。

心のケアも行なってもらえる

痴漢冤罪保険は、「心のケア」も行なってもらえるので加入している人もいます。

例えば、痴漢冤罪で悩んでいる時に「専門家のアドバイス」をもらえるようになります。
痴漢という容疑を受けた時点で、社会的にも不味い扱い受ける可能性が高いです。
特に、今まで痴漢についてまったく知らなかった人がこういった状況に陥った場合、どうすればよいの分からず途方に暮れるでしょう。
かなりの精神的ショックを受けるのも当然と言えます。

このようなケースであっても、痴漢冤罪保険に加入されていれば、弁護士、もしくは痴漢冤罪保険の専門スタッフから専門的な知識、具体的なアドバイスをもらえるようになります。
「最初は否認することが大事、その後は警察署へ連れて行かれるが対応は最初と同じで問題ない」・・・というアドバイスをもらえることもあり、具体的な対処法が良くわかるのです。