ワールドカップ休業保険ついて

海外では人気の保険

ワールドカップ休業保険とは、世界的には良く知られている保険の1つです。

というのも、ワールドカップ休業保険というだけあって、「ワールドカップの際に休業を行う人を対象として保険が適用となるから」です。
具体的にどんな保険なのかわかりづらいのですが、海外では、ワールドカップを意識して休業を取るという人が多くいます。

ですが、真面目に仕事を行なっている人、もしくは休業を行なってしまう人が多いせいで、上手く会社を動かせない・・・という問題が発生し、その結果で不利益を被ってしまう人もいるのです。
このような問題を少しでも緩和する保険として、ワールドカップ休業保険が世界では売れている状況です。

ワールドカップ休業保険に加入していると、前述のような問題が発生した際も、保険により収益が確保されるため、オランダのようなワールドカップに対して力を入れている国では、このような保険の価値が上がってきました。

ただし、ワールドカップ休業保険のおかげで安心して休める・・・という考えも存在するので、ワールドカップ休業保険が登場してからは、2割ほどワールドカップのために休業を取る人が増えてしまった・・・、というデータも存在します。
良い保険なのか、悪い保険なのか・・・と考えてしまいますが、会社は収益を意識して動かす必要がありますので、ワールドカップ休業保険に加入している人、法人にとっては良い保険という評価が多い状況です。

「ずる休みであっても保険が適用となる」ことも、今では良く知られています。
ずる休みをしたのであれば、そもそも会社側が賃金を支払わなければ良いだけでは・・・、と思ってしまいますが、海外では前述のとおりワールドカップに力を入れている国が多いため、ワールドカップのためのずる休みであれば、賃金を支払っても良いという会社が存在するのです。

ただ、毎回ずる休みが目立つと社員としての立場が苦しくなるため、今では「病気のための欠勤」という形で休みの申請を行い、ワールドカップの観戦を行うサラリーマンが増えてきました。

国内ではあまり知られていない保険

ワールドカップ休業保険は、海外では有名な保険となっておりますので、国内ではあまり知られていない保険の1つです。

また、国内でワールドカップ休業保険のような保険を利用しようとすると、手間隙がかかるという可能性も示唆されています。
というのも、国内の企業では中々ワールドカップに対しての理解が進んでおらず、且つ、賃金に対しても細かい規定が存在するからです。
休みの申請についても、前もって行なっておく必要のある企業が多く、また、人事の対応によっては休みをもらえないこともあります。
そのため、ワールドカップ休業保険との相性は良くないとされているのです。