足に対する保険について

足に保険をかける必要性のある人

体の各部に保険をかける理由は、やはりその部分がとても大切だからということにほかなりません。
足が大切な人としてまっさきに思いつくのは、やはりスポーツマン。

サッカー選手や陸上選手、野球選手なども足がしっかり機能していないと試合で活躍することはできませんよね。
こうした人達が自分の足に保険をかけることは、大いに理解できます。

また、人に見られるのが仕事であるモデルさんも、足が大切です。
ファッション誌やショーでは、きれいな足を大勢の人に見せるわけですし、傷ができてしまっては商売上がったりになってしまいます。
モデルさんでも、自分の足に保険をかけている人が少なくないようです。

足に保険をかけたスポーツマンの実例

世界のヒーローともいわれたデヴィット・ベッカムは、サッカー選手として本当に大きな人気を博しました。
今でもメディアにたびたび登場しているので、老若男女を問わず知らないという人はごくわずかだと思います。
彼は自分の足に、補償額が約57億円の保険をかけていたそうです。

サッカー選手ですから、足がダメになってしまえば試合にも出れず、収入もなくなってしまいますので当然といえるかもしれませんが、彼はモデルの仕事もしており、モデルを行なう上でも足が重要だと考えた上で保険をかけたといわれています。

ベッカム同様世界的なサッカー選手として有名なクリスティアーノ・ロナウドも、自身の足になんと145億円の保険をかけているそうです。

マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードに移籍した時の移籍金は、なんと128億円。
何かあったら大変ですから、万が一に備えて保険をかけたそうですが、大きくうなずけます。

足に保険をかけたモデルの実例

日本でファッションモデルとして活躍している荒木七菜香さんは、ご自身の両足に1億円の保険をかけています。
彼女は身長が169cmのモデルさんなのですが、なんと股下が86cmもあるのだそうです。

昔、観月ありささんの股下が85cmあると話題になったことがあるのですが、それよりも足が長いわけですから、モデルとして最強の武器。
補償額1億円とかなり大きな保険をかけている荒木さんですが、足のケアにおいてはかなりベーシックだそうです。

モデルではありませんが、1990年代を中心にアメリカで歌手として活躍していたティナ・ターナーも、両足と胸に3億円近い保険をかけていたことで知られています。
歌手もビジュアルが重要ですから、自分のチャームポイントに保険をかけたのでしょう。
ティナ・ターナー以外でも、海外ではモデルや歌手を含め、足に保険をかけている人は多いのではないかと推測します。