胸毛保険について

胸毛保険とは

胸毛保険とは、「偶然のアクシデントで胸毛を失った場合に、適用となる保険」です。

胸毛保険の契約内容を確認すると、「最高で100万ポンド(約2億円)が保険金として支払われる」という内容になっておりますので、かなり大きな補償を兼ねている保険のようです。

ただ、海外では知られている保険なのですが、国内では胸毛保険の知名度は低いままです。
というのも、今ではエステの影響もあり、「脱毛を行なっている男性が増えている」からです。
そのため、日本では「胸毛保険はユニークな保険」という扱いになることが多くあります。

ただ、海外では「真面目に胸毛保険に入るか考えている人も多い」保険のようです。
その理由ですが、日本人とは違い「胸毛もセクシーさの要因」だからです。

日本では、無駄な毛が見えてしまっている・・・というのは、汚らしさ、もしくは清潔感が無いことを指摘されるケースに該当します。
ですが、海外では「男性が胸元をしっかりと見せるケース」も存在し、モデル業の1つとして、胸元などのセクシーさを競っている男性さえも存在するのです。

このように、日本人にとってはユニークな保険なのかも知れませんが、実益を兼ねて仕事をされておられる方にとっては重要な保険のようです。

胸毛保険の細かい規定

胸毛保険は誰でも入れる保険としても有名です。

ですが、胸毛保険には細かい規定があるので、そのことを理解して胸毛保険に入るか悩んだほうが良いとされています。
というのも、ユニークな保険という一面だけでなく、細かく厳しい規定を用意しているという事実も存在するからです。

胸毛保険が適用となるケースは、「偶然のアクシデント」でなければなりません。
なので、「故意に胸毛を失ったり、失われた胸毛の量が少ない」という場合は胸毛保険が適用となりません。

正確には、「胸毛の85%を損失している場合に、胸毛保険が適用となる」という規定も存在します。
なので、転ぶなどして胸を打ち付けてしまい、その際に胸毛がちょっとだけ抜けてしまった・・・程度では、胸毛保険が適用とならないのです。

さらに、「個人の判断ではなく、胸毛保険が指定する調査員のほうで判断を行う」という規定も存在します。
胸毛保険は、調査員の確認、判断、認定という手順で、保険を適用するかどうかの判断が行われ、このような対応が正確に行えない相手では、胸毛保険の適用が難しくなってしまいます。

他にも、偶然のアクシデントに該当しない、「核汚染、テロ、戦争、侵略」・・・という問題を多くはらんでいるケースに直面した際は、胸毛保険の保証外となる規定もございます。
ユニークな保険なのですが、もし加入される際は、このような規定も理解しておいたほうが良いでしょう。