収入の選び方

生涯収入保険ってなに?

生涯収入保険とは、毎月一定の間決まった収入を受け取ることができる保険のことです。
万が一大黒柱が亡くなってしまうと、遺族は「突然家族がいなくなる悲しみ」だけでなく「月々の収入がなくなる」という不安とも闘わなくてはならなくなってしまいます。
そんな時、生涯収入保険では一定の収入を毎月受け取ることができるようになっています。
大切な人をなくした苦しみは簡単に癒えることがありませんが、こうして月々安定した収入があるというだけで、少しは気持ちが軽くなりますよね。
この生涯収入保険は「家族収入保険」などと呼ばれることもあり、保険会社によって呼び方が異なることもありますのでぜひ探してみて下さい。
最近は、わりと多くの保険会社が生涯収入保険の取り扱いを行っているそうです。

生涯収入保険にはふたつの種類があります

生涯収入保険には、ふたつの種類がありますので「どちらか自分にぴったりのものを選ぶ」ということが大事。
ひとつは「時間がたつにつれ、少しずつ受け取ることができる保険金が減って行く」というもの。
これがどういうことなのかを説明しましょう。
例えば、40歳で大黒柱が倒れた時は定年を迎える60歳まで20年あります。
つまり、手にするはずだった20年分の給与がなくなる、ということです。
しかし、50歳で倒れてしまった時はどうでしょう。
定年まで10年ですから、40歳で倒れた時よりは受け取るはずだった給与の総額が減りますよね。
それに合わせて、少しずつ受け取ることができる額が変わってくるのが「時間がたつにつれ受け取ることができる収入が減って行く」というタイプの保険です。
そして、もうひとつは「受け取ることができる収入の額が変わらない」というタイプの保険。
この保険だと、受け取ることができる年数が決まっています。

このように、生涯収入保険の種類にはいくつかありますので、自分にあっているのはどちらなのか?をしっかりと考えて「どの生涯収入保険がいいのか」を考えていきましょう。

保険は無理のない範囲で

保険に入る上で大切なことは、無理のない範囲で加入するということです。
あまりにも無理があル金額に設定してしまうと、月々の保険料がとても大変なことになります。
万が一の保険は大切ですが、それと同じくらい貯蓄も大切ですので、無理なく支払うことができる範囲での保険料になるようにしていきましょう。
「無理をしない」ということは、どんなときにも大事なこと。
万が一の保険に高い設定をしすぎないということも、とっても大切なことになりますので注意しましょう。