学資保険の仕組みがわからない!

学資保険のしくみ

学資保険は、子供がいれば当たり前のように入らなければならないもの・・・と世間ではなっているようですが、実際に必要なものなのか?そもそもどのような仕組みになっているのか?・・・などといったことが分からないという人もいるのではないでしょうか。

学資保険というのは子供が学校にいくための資金を積み立てる保険ですが、もしも子供が進学しなかったらその場合はどうするのか・・・といったことも、意外と見えにくいものです。学資保険には、保険会社やそのプランによってさまざまなものがありますが、基本的な仕組みはだいたい同じです。

学資保険というのは、早い話が、子供が生まれてから大学に進学する年齢になるまでの間をかけて、少しずつ学費を積み立てていくというもの。
毎月一定額を積立金として支払い、子供が18歳に達したときに満期となる保険なのです。

また、子供が高校に進学するときに一時金が支払われたり、病気やけがなどで入院したときに保障があるようなタイプの学資保険もあり、子供を成人するまで育てていく長い時間のなかで、金額的な不安を和らげるということに大きく役立つのです。

学資保険の掛け金というのは、こうした保険の保証内容や満額の金額によって異なるので、毎月いくらまで掛け金が支払えるかによって加入するタイプの保険を選ぶのもいいかもしれません。
とはいえ、いくら毎月の掛け金を少なくしたいからといって、それを節約しすぎると当然ながら、満期になったときに受け取ることのできる金額も少なくなってしまいます。

バランスのとり方が重要です

現在、毎月支払うことのできる掛け金と、将来必要になる金額のバランスを上手にとりながら、保険を選ぶことが必要なのです。
また、大学に通うためにかかるすべての費用を学資保険でまかなおうと考える必要もないでしょう。

18歳の時点で必要となるのは、受験のための費用や入学金、1年次の学費などとなります。
2年次以降の学費というのは、毎年払うものなのでとりあえずは必要ないですし、最近は奨学金を利用する学生も増えています。

つまり、学資保険というのは、「18歳で必要になるお金を準備するためのもの」とシンプルに考えればいいのです。
そうすれば、必要以上の付加的な保証がついたものを選択する必要もありませんし、選び方も簡単になるのですよ。

シンプルに考えれば、学資保険選びというのは意外と簡単なものなのです。