第3位 ペット&ファミリー小額短期保険「げんきナンバーわん」

げんきナンバーわん

具体的にペット保険がどんな役割を果たすかについてご説明しましょう。
私たちは、病院に行く時に必ず「保険証」をもって行きますよね。
保険証を持っていくと、窓口で支払う保険料は1~3割ほどで済むわけです。
残りの割合は、加入している健康保険組合が支払ってくれるので、窓口で本人が支払う診察料が軽減されます。
しかし、無料でそんなサービスを受けることができる訳ではなく、月々に一定の保険料を納めることで、そのサービスを利用することができる様になっています。

動物にかけるペット保険も、これと同じ。
保険に加入し、月々の保険料を納めることで、窓口で支払う保険料は劇的に安くなります。
これが、全額自費になってしまうと、ペットの入院だけで15万円を支払うとか、癌の治療に50万近いお金がかかるとか、そういうトラブルが出て来るようになってしまいます。
だからこそ、ペットにも保険をかけて「万が一」に備えることができる様にしているのです。
今では、本当に多くの飼い主がペットの為に「ペット保険」に加入しており、どれだけペット保険に注目する人が多いのかを実感することができます。

大きな特徴

「げんきナンバーワン」の特徴として、「高度医療を使うことができる」と言うものが挙げられるでしょう。
ペットも人間と同じで、病気もすれば怪我もします。
そして、病気や怪我の中には「高額医療」を施さなければ助からないようなものがあること、これも人間と同じ。
げんきナンバーわんでは、そんなペットたちが「万が一」の時でも十分な医療保障を受けることができる様、高度医療を受けられるような保険展開をしています。
何かがあったとき、飼い主としてペットにできるだけのことをしたい・・・と言うのは、多くの飼い主の希望でもあるはず。
だからこそ、「高度医療もOK」にしています。

そして、終身まで保険が適用になるというのも嬉しいですよね。
年をとるほど病気になりやすいのは、人間も犬も同じ。
だからこそ、終身で保険を使うことができる様にすることは、とても大切なことになってきます。
人間だって、「高齢だから保険の適用が受けられない」では困りますよね。
ペットも同じで、高齢になればなるほど病気や怪我をしやすいから、終身まで使える保険に入ることが必要とされているのです。
ペット保険選びは大変ですが、「月に払うことができる保険料」「自分がどんなサービスをひつようとしているか」などを考えていけば、自然と「どの保険が良いか」が解ってくると思います。