「契約者」「被保険者」「保険金受取人」のちがいとは?

保険で出てくる3つの用語について理解する

保険へ加入しようと思うときには、「契約者」「被保険者」「保険金受取人」という3つの言葉を知っておく必要があります。
これらは保険の話をする上で必ず出てくる言葉のため、きちんと理解しておかないと保険へ加入してからトラブルになることがあります。
逆に言うと、この3つを確認した上で保険を選ぶことで、より自分たちにぴったりな保険を選ぶことができるのです。

そこでここでは、契約者、被保険者、保険金受取人という3つの言葉について、基本的な内容をします。
参考にして、しっかりと保険選びをしましょう。

契約者と被保険者とは

契約者とは、「保険へ加入する人」を指します。
保険へ加入するときには、契約をする必要があります。
契約をした人は、保険の保証料を支払う必要があります。
保証料を支払うことで、保険の保証サービスを受けることができるのです。

たとえばあなたが家族の父親で、子供が病気や怪我をした際に保証を受けたいとします。
この場合、子供が契約するわけではなく、あくまでも契約者は父親です。
父親が保証料を支払うことで、子供に保険をかけることができるのです。
また、契約者は両院を支払うほかにも、住所が変わった場合はその変更手続きなど、契約に関するさまざまなことを行うことになります。

次に被保険者ですが、被保険者は「保険で保証を受ける対象人物」を指します。
保険は「子供が病気になったときに保証料が支払われる」のように、保証を受ける対象者がいます。
この人を被保険者と言います。

被保険者は上記の例で言うと、子供にあたります。
子供は保証料を支払う契約者ではないものの、保証サービスが適用される対象なのです。

保険金受取人について解説

最後に保険金受取人とは、「保証サービスによって保険金を支給してもらう人」を指します。
父親が「子供が病気になったときに保証を受けられる保険」を契約して、もし子供が保険が適用される病気にかかってしまった場合、保険金を受け取ることになります。
このお金を受け取る人が、保険受取人です。

保険受取人は契約者と同じ場合もあれば、そうでない場合もあります。
父親が契約して、父親が保険金を受け取る場合もあれば、受取人は母親という場合もあります。
受取人を誰にするかについては、自由に決めることができます。

このように契約者、被保険者、保険金受取人を誰にするかについては、きちんと家族で相談することが大切です。
「保険金受取人は誰でも良いだろう」のように考えてしまうと、あとで後悔してしまうことにもなりかねません。
そのため、これら3つの用語を理解して、自分たちの状況に合うように決めることが大切なのです。

契約者や被保険者、保険金受取人を誰にするかで迷ったら、検討している保険の担当者へ相談してみるのがおすすめです。
状況に合わせて提案をしてくれるため、参考になるはずです。