ペット保険に入る大きなメリット

ペット保険

このページではペット保険について記述をしていますが、ではなぜペット保険が必要なのでしょうか。

それは、近年になって「ペットが果たす割合がより重いものになっている」という現実があるからです。
今の日本は核家族化が進み、家族の人数も必然的に減っています。そんな生活の中で、「ペットと一緒に暮らしたい」と考える人が増えてきました。

なんといっても一人暮らしは寂しいですよね。
そんな時、ペットがいてくれたら気持ちが癒されるし、前向きな気持ちで生活ができるのでは・・・と考える人も多いでしょう。そこで、ペットを飼う人が増えているのです。

また、以前は中型~大型犬を飼う人が多かったですが、最近は小型犬も主流になってきており、このこともペットブームに拍車をかけているのでしょう。
こういったこともあり、ペットを飼いたいという人は増加傾向にあるそう。
そして、ペットを「動物」ではなく「家族」として迎え入れる人も増えていると聞きます。

大切な家族だからこそ

ペットは大切な家族。だからこそ、ペット保険をかけて「何かあったときはきちんと対応をすることができるようにしてあげたい」と考える人が増えています。
人間と同じで、動物も年齢を重ねれば重ねるほど、悪いところが出てきます。ただ、人間と違うのは「健康保険証がない」ということ。

私たちは、病院にいくと保険証を出して診察を受けますよね。これは、保険証を出すことで加入している健康保険組合が7割の治療費を負担してくれるからです。私たちが支払う医療費というのは、全体の3割程度なんですよね。

でも、これがペットとなると話が違ってきます。ペットには保険がありませんので、動物病院に入れば10割負担が当たり前。
それも、ペットの医療費というのは決して安くないので、かなり高い医療費を払うことになります。それでもペットは家族の一員であると考えれば、やはり「高くても治療をしてあげたい」と考える人が大半でしょう。

そういうときに利用できるのがペット保険です。ペット保険なら、ペットが病気や怪我をしてしまったときに支払いの一部を負担してもらうことが可能。これなら、急な通院があったとしても負担が少なくて済みます。

大切なペットのために、あなたもペット保険に加入をしてみませんか?
大切な家族がしっかりと生活をすることができるように、いつまでも健康でいることができるように・・・
ぜひ、ペット保険を利用してみて下さい。