医療保険に入る前に知っておきたいこと

医療保険の必要性

医療保険に入る前に知っておきたいこととして、なぜ医療保険は必要とされているのかを案内させていただきます。

まず、医療保険に入る前に知っておきたいことに、「医療保険が必要とされている理由4点」があります。
例えば、「病気の影響で入院日数が長くなる」という問題があります。
今まで健康な体で生活をされてきた人ほど、病気や怪我で入院日数は長くなりやすい・・・、という事実を知らずに生活されていることが多いです。

近年では、テレビなどで「がんに関するCM」を良く見るようになりましたが、胃がんでは「26.8日」、肝臓がんでは「22.4日」、肺がんでは「27.2日」という入院日数がデータとして存在します。
前述のデータは、病気別の入院日数の平均とされているのですが、多くの人は「10日前後の入院日数が多い」と考えているため、この事実を知ってしまうと医療保険の必要性が良くわかる・・・、と回答される方が多いのです。

他にも、「入院でかかる費用を少しでも減らす」という理由があります。
医療保険に入っておくだけで、入院でかかる費用が半分以下になりますので、このことを知っているため、とりあえず医療保険に入っているという人も、今では増加傾向にあるのです。

さらに、「入院時の心のケア」を意識して、医療保険に入っておくという人も増えてきました。
今まで経験したことのない怪我、病気というのは、大半の人が恐れを抱いているトラブルの1つです。
しかも、具体的な入院費はいくらなのか・・・、こればかりは入院してみないとわかりません。

そして、近年では「社会保障制度を考慮して、必要だと感じるようになった」という理由も存在します。
現在、日本だけでなく先進国のほとんどは「少子高齢化社会」に頭を抱えています。
また、社会保障制度の安定度も本当に保たれるのか心配・・・という人もいるため、自分の身は自分で守るという人が増えているのです。

医療保険と相性

医療保険に入る前に知っておきたいこととして、医療保険と相性が良い人、相性が良くない人について案内させていただきます。

そもそも、医療保険と相性が良い人というのは、「貯蓄が上手くいっていない、入院費に対して不安を抱えている、自営業の人」などが該当します。
今まで、医療保険についてなにも知らなかったという人ほど、実際は、医療保険について学んでから、なぜ入っておかなかったのか・・・と思われるそうです。
貯蓄が上手くいっていない、自営業の人であれば、収入と支出のバランスを安定させたいという人もいるでしょうし、やはり医療保険に入っておいたほうが無難だと言えるのです。

逆に、「貯蓄が多い、会社の福利厚生が充実している」という人は、前述の人物とは逆の立場にあり、いざという時も経済上の余裕をもって対処できるので、無理をして医療保険に入らなくて良いので、相性が良くないという扱いになります。