共済と保険の違いとは

共済とはどのようなものなのか

保険を検討するときには、「共済」が気になることもあります。
共済とは「加入者が掛け金と呼ばれるお金を出し合い、そこから保険金が支払われる仕組み」を指します。

共済へ加入すると、毎月決まった掛け金を払うことになります。
多くの人が掛け金を払うことで、共済にはお金が集まります。
そして誰かが病気などになったときには、この集まったお金から保証金が支払われることになるのです。

これは保険と同じ仕組みですが、共済が保険と異なるのは「利益を追求することを目的としていない」ということです。
保険は民間企業がサービスを提供しており、加入者を助ける目的もありますが、利益を得る目的で運営されている面もあります。
つまり企業が利益が出ないと判断した場合、保険サービスが中止になることがあるのです。

また、保険の加入者によって集まったお金は、民間企業では積極的に運用されています。
これに対して共済はあまり掛け金を増やすことはせず、堅実的に運用しています。

共済は全国にさまざまな種類があり、全国に広がっています。
保険に加入することを考える際には、共済を検討してみるのも良いでしょう。

共済には種類がある

ひとことで共済といっても、実は種類があります。
共済は大きく分けて4つの種類があるため、順番に解説します。

まずは都道府県民共済というものです。
これは各都道府県で提供されている共済で、今住んでいる場所か、会社がある都道府県で加入することができます。
都道府県が変わるとほかの地域の共済へ加入する必要が出てきますが、そのときは「移管手続き」というものをすると、加入している共済をそのまま引き継ぐことができます。

ただし都道府県民共済は山梨県や福井県など、8つの県では提供されていません。
自分の住んでいる地域で提供されているかどうかを、確認することが大切です。

次に全労済というものです。
これは会社員や労働組合委員の福利厚生として提供されることが多い共済です。
保障内容が細かく分かれており、自分の状況に合わせて内容を選ぶことができます。

さらにCOOP共済というものもあります。
COOPは生活協同組合という団体で、会員となることでさまざまな食品などを買うことができたり、会員向けのサービスを受けられたりします。
このひとつとして共済も提供されており、通常の都道府県民共済より内容が充実していることが多いです。

最後にJA共済というものもあります。
これは各都道府県のJAで提供される共済です。

共済のメリット・デメリット

共済のメリットは、「掛け金が安い」ということです。
一般的な保険より掛け金が低めであることが多いです。
ただし共済のデメリットは、「保証金が少なめの傾向にある」という点です。
十分な保証を受けられないことがあるため、内容を確認することが大切です。

以上のように共済は、保険と異なる特徴があります。
それぞれの特徴などを知り、自分に合うほうを選ぶことが大切です。