こども保険への加入率とはどれくらい?

こども保険への加入率を知る

こども保険を利用しようと思うときには、加入率が気になることもあるはずです。
保険の加入率とは、「その保険へ、どれくらいの人が加入しているか」を示す数字です。
加入率が高いほうが良い保険である可能性が高くなるため、保険について考えるときのひとつの参考になります。

加入率を理解せずにやみくもに保険を利用すると、毎月のお金ばかりがかかってしまい、必要な資金を準備できなくなってしまいます。
そのため加入率について知ることは、とても大切です。

ある団体では、こども保険への加入率の調査を行いました。
その結果、回答者の58%は、こども保険へ加入していることが分かりました。

58%というと、半数以上の家庭がこども保険へ加入していることになります。
つまりこども保険は、十分に検討するべき価値のある保険といえます。
加入率が20%や30%の保険はより慎重に加入すべきかどうかを考える必要がありますが、こども保険に関しては「心配だから加入しておこう」というような形で入るのも良いでしょう。

世帯収入別の加入率はどれくらいなのか

次に、世帯収入別の加入率についても理解しておくと良いです。
世帯収入別の加入率というのは、「ある収入の家庭が、どれくらいの割合で保険に加入しているか」を示す数字です。

まず、年収350万円未満の家庭では、51.4%がこども保険へ加入していることが分かりました。
次に350〜600万円の収入の家庭では、57.9%でした。
さらに年収が上がって600〜850万円の家庭では、61.8%でした。
最後に850万円以上の年収の家庭では、57.6%という数字でした。

最後の年収850万円以上の家庭ではこども保険への加入率が下がるものの、一般的に年収が上がるとこども保険への加入率も高くなることが分かります。
つまり高収入なほうが、それだけ保険に対する意識が高くなりやすいといえます。
これは保険を考える上での、ひとつの材料になるはずです。

こどもの性別と加入率の関係を知る

次にこどもの性別とこども保険の加入率について見ていきます。
男の子の子供だけがいる家庭の場合、こども保険への加入率は59.1%でした。
次に女の子の子供だけがいる家庭では、54.6%の加入率でこども保険を利用していました。
男女両方の子供がいる家庭では、加入率は59.4%でした。

男の子だけがいる場合と男女両方の子供がいる場合に、多くの家庭でこども保険を利用してることが分かります。
自分の子供の性別から、こども保険へ加入するかどうかを決めると良いでしょう。

このようにこども保険の加入率を知ることは大切で、保険選びの参考になります。
家庭ごとにベストな保険は異なるため、加入率を参考に自分のこどもに合うこども保険を選びましょう。