本当に必要な保険ですか?

ここまで数多くの保険を紹介してきましたが、ここからは「保険の選び方」についてお話をしていきたいと思います。
保険選びというのは非常に難しいものですので、安易に「これに入る」などと決めてしまわないことが大事。
保険に入るときは、しっかりと「自分に必要なものかどうか」を厳選することが大事です。

特約をつけすぎないことも大事

ここで紹介した保険は、本当に人気がある保険ばかりです。
でも、人気がある保険が「あなたに必要な保健」とは限りません。
保険に対する考え方はさまざまですが、中には将来に不安を感じるあまり、かなりの数の特約をつけてしまうという人もいます。しかし、特約をたくさんつけてしまえば、それだけたくさんのお金がかかることも。
保険料というのは毎月の様に発生するものですので、あまりにも高い保険だと「支払っていくことができない」ということになり、解約しなければならなくなる可能性があります。
保険を途中で解約すると、人によっては「もったいない結果」になってしまうこともありますので、注意しなければなりません。
そのことを考えれば、「毎月きちんと支払うことができる額の金額に抑えることが大事です。
また、無理をして高い保険に入りすぎると、それこそ「保険料が高すぎて払いきれない」ということになってしまいますので、注意が必要です。

特約をつける時は、自分にとってその特約が必要かどうかをきちんと考え、「本当に必要だ」と思ったものにだけ加入をしましょう。そうしないと、どんどん特約だけが膨らんでいくことになってしまいます。

家計を圧迫しない金額にすること

きちんとした保険に入ることは大事ですが、その保険が家計を圧迫するようになっては本末転倒です。
保険に加入したとしても、きちんと支払うことができるだけの保険にすること。
それが大切ですので,払える範囲の保険にしましょう。
また、家族で相談をして「支払えるかどうか」「本当にこの金額でいいかどうか」を考えることも大切。
家族で納得した金額の保険に入ることが、とても重要になるのです。
高すぎる保険に入って、後にお給料が下がって支払いが維持できなくなったという話も聞きますよね。
つまり、保険というのは本当に選ぶのが大変なものなのです。
保険というのは「万が一の備え」ですから、その万が一のために家族を犠牲にするようなことは避けましょう。
保険選びにはいろいろな注意点がありますので、それを踏まえた上で入る保険を決めましょう。