学資保険とこども保険のちがいとは?

学資保険とこども保険の違い

子供にかける保険として、「学資保険」と「こども保険」というものがあります。
これらは一見すると同じような保険に思えるかもしれませんが、実は内容が異なります。
それぞれの違いを理解することで、学資保険とこども保険をより適切に使い分けられるようになります。

まず学資保険とは、「子供の教育資金を作ることを目的として積み立てる保険」です。
子供を育てる上で大きな費用になるのが、教育費用です。
教育費用は前もって準備しておく必要があるため、学資保険を活用することでしっかりと資金を用意することができるのです。

次にこども保険とは、「子供にかかるさまざまな費用のために積み立てる保険」です。
子供にかけるお金は教育費用だけでなく、病気や怪我などもあります。
特に子供は元気に走り回ることが多く、部活などを頑張っていると、怪我をしてしまうことがあります。
こうした場合にこども保険で積立をしておくと、万が一のときに安心です。

学資保険とこども保険には、このような違いがあります。
まずはこの特徴を理解しておきましょう。

学資保険とこども保険の種類

学資保険とこども保険には、それぞれ種類があります。
どのような種類があるのかを知っておくと、保険選びに役立ちます。

学資保険には「貯蓄型」と「保証型」と、これら両方を組み合わせたタイプがあります。
貯蓄型の学資保険は、教育費用を毎月一定額で積み立てていく保険です。
子供の怪我や病気などに対しての保証はなく、積み立てていく金額よりも支給してもらえるお金のほうが高くなります。

もうひとつの保証型は、基本的に教育資金を作る目的で積立をするものの、子供が病気や怪我をしたときには費用を支払ってもらうことができる保険です。
積み立てた金額に対して受け取れる金額は、少なくなるのが一般的です。

最後に貯蓄型と保証型を組み合わせたタイプの保険は、貯蓄型の保険をベースにしながらも子供の病気や怪我に対する保証をしてもらうことができます。
バランスが良い保険を利用したいなら、このタイプがおすすめです。

3つの保険はそれぞれに特徴があり、どれが良いと一概に断定することはできません。
各保険をチェックして、自分に合うと思ったものを選ぶことが大切です。

つけることができる特約

学資保険やこども保険には、特約をつけることができます。
特約にはさまざまなものがありますが、そのひとつに「死亡保証特約」というものがあります。

子供がもし亡くなってしまったときに保証金を受け取ることができ、万が一のときにも安心です。
最近は大きな災害が急に起きることもあるため、こうした特約をつけて備えておくことはとても大切です。

このように学資保険とこども保険には違いがあり、特約もつけることができます。
しっかりと保険について理解することが、家族や子供を守るためにはとても大切です。