ぺッツベストのペット保険

良い条件でペット保険に入れる

ぺッツベストのペット保険であれば、以下のような良い条件でペット保険に入れるようになっています。

まず、ぺッツベストのペット保険は、「補償を医療費用の80%で行なっている」ので、補償そのものに満足して入れるようになっているのです。
一般的なペット保険では、「50%~80%」というふうに補償が不安定であるケースが目立ちますし、ペットの健康状態によっては、補償そのものが変動するケースも存在するのです。

また、負担についても「事故(傷病)に対して1回だけ」となっています。
シンプルな構成になっているので、後になってサービス内容がわからなくなった・・・というトラブルも起きません。
しかも、このようなサービスは「加齢によっても大きく変化しない」仕組みになっているのです。

つまり、加齢に対しての保険料の増加がゆっくりなので、安心して保険の加入を継続できる料金プランも用意しているのです。
このようなサービスは、シニア犬のような年老いたペットに対しても有効となっているので、高齢のペットを飼っている人でも、ぺッツベストのペット保険であれば保険に加入することができます。

他にも、ぺッツベストのペット保険は、「手術、入院、通院にも手厚い保障」を用意しています。
そのため、保障に関する限度についても、「1日の限度額なし」のままで保険を利用することができるのです。

ぺッツベストだけの8つの安心

ぺッツベストのペット保険は、ぺッツベストだけの「8つの安心」という特徴を有しています。

例えば、「全国の動物病院に対して保険が適用される」ので、安心して入ることができる保険となっていますし、「年をとったペットでも入れる」サービスを用意しています。
さらに、「16才11ヶ月まで入れる保険」なので、かなり年をとったペットでも入れるという、数少ないペット保険の1つなのです。

ぺッツベストのペット保険は、「ペット先進国(アメリカ)のノウハウもつぎ込まれている」だけでなく、さらに「獣医師がつくった保険」でもあります。
ここまでで5つの安心を案内させていただきましたが、他にも「ペットに合った医療器具の用意、休日、夜間の診療にも対応している、待機期間が短くて済む」という3つの安心もあります。

そして、免責金額(保険に加入している側の医療費に対する負担額)が定まっているので、後になって免責金額が大きく変動することもありません。

免責金額の負担も、通院に対して1回だけとなっているので、この面でも安心してペット保険に入れるようになっています。
このような魅力が、ぺッツベストのペット保険には充実しているのですが、ペットのことを熟知している獣医師の力も借りている保険のため、全面的に安心して入れる保険である・・・ところが、ぺッツベストの最大の魅力かもしれません。