FPC(フリーペット保険)のペット保険

手厚い保障が多い

FPC(フリーペット保険)のペット保険は、以下のような手厚い保障が多いことで知られている保険です。

フリーペット保険は、「継続しやすい料金設定」となっておりますので、そもそも料金設定の時点で手厚い対応を受けられるようになっています。
例えば、「4才までであれば月1590円、5才~8才であれば2390円」という料金設定になっているのです。
このような料金設定でペット保険を販売している企業は少ないので、料金設定は安い部類であると言えます。

しかも、加入時に細かい規定を守れなければ加入できない・・・という、厳しいルールも存在しないのです。
なので、とりあえずペット保険に加入したいと思っているけれど、損が多い保険には加入したくない・・・という人は、FPC(フリーペット保険)のペット保険と相性が良いかもしれません。

FPC(フリーペット保険)のペット保険に加入していると、「通院、入院に対しても補償を受けられる」という利点があります。
一般的なペット保険では、通院、入院に対しての細かい料金設定が存在するので、高額の通院、入院、もしくは手術を受けてしまうと、高額の出費が発生することもあるのです。

ですが、FPC(フリーペット保険)のペット保険であれば、そのような問題も安全に対応することができます。
というのも、費用がかさみやすい入院、通院に対しての補償、そして補償の実績が充実しているペット保険だからです。
そのため、前もって入院、通院の経験があるペットであっても、具体的な補償内容を確認した上で、FPC(フリーペット保険)のペット保険に入れるようになっています。

保険金の支払い額も多い

先ほど、FPC(フリーペット保険)のペット保険は、補償が充実しているという案内をさせていただきました。

ですが、具体的には「病気、怪我に対して治療費の50%を保険金として受け取れる」、という仕組みになっています。
他にも、「通院は12500円、入院は125000円、手術は100000万円」という補償内容になっていますので、補償限度額についても不満が発生しないような、充実したサービスを多く提供しているのです。

そもそも、FPC(フリーペット保険)のペット保険は、入院保険金に対して日数制限を設けていません。
全国どこの病院で治療を受けたとしても、FPC(フリーペット保険)のペット保険であれば、支払いの対応が可能となっているところも嬉しいところです。

このようなサービス力もあるので、ペットを少しでも良い環境で世話してあげたい・・・という人は、FPC(フリーペット保険)のペット保険に加入されると良いかもしれません。
また、料金設定は大きく変動しないので、プランが少なく、且つ選びやすいという利点もあります。