ベネッセ「いぬのきもち」「ねこのきもち」

あのベネッセから、ペット保険が発売されていることをご存知でしょうか。
ベネッセと言うと、子供を対象とした知育ばかりを連想しますが、実はペット保険に関しても販売しています。
その名前も「ねこのきもち」「いぬのきもち」。
このタイトルを見て解ると思いますが、犬の保険と猫の保険が別々になっている保険です。
猫と犬では気をつけることがことなりますし、だからこそ保険の内容も別々になっているということでしょう。
ここで、この保険のないように関してみていきます。

いぬのきもち

「いぬのきもち」では、犬に対する保険を扱います。
保険の内容は、以下の様になっています。
・「高額医療に対応」→ペットの病院代の中にも、高額な医療費がかかるものがでてきます。
「いぬのきもち」では、その様な高額医療がかかる治療に関して、支払いを受けることができます。
保険がないペットの世界では、その治療費も高くなってしまいがちですので、こういった保険を利用して、しっかりと備えておくのはいいことだと思います。

・「診断書が要りません」→加入する際、動物の診断書は必要ありません。
つまり、どんな犬でも加入ができるということ。

・「噛み付いたときなどの保障」→大人しい犬だったとしても、もしかすると「噛み付いた」「大切なものを壊してしまった」などの事件を起こす可能性があります。
この場合、噛み付いた相手に対して治療費などを支払わなければならない可能性がありますが、この保険ではそれを保障してくれます。

ねこのきもち

猫に関しても、大体犬と同じ様な保障内容となっています。
ひっかくなど、誰かを傷つけてしまった時はこの保障を使用することができますので、「万が一」のことを考える人は、この保険への加入を考えてみてはいかがでしょうか。
万が一のとき、頼ることができる保険があるかどうかというのは、ペットの将来の可能性にかかわります。
だからこそ、ペット保険の重要性が問われるわけです。
ベネッセのペット保険は、健康の診断書が必要ありませんし、どの病院でも対応をしてもらうことが可能ですので、ぜひともこの保険を考えてみてほしいと思います。
ペットは家族同然の生き物。
家族と同じ扱いの生き物だからこそ、こうして大切にし、万が一のときに頼ることが出来るサポートを見つけておく必要があるのではないでしょうか。
ペットが好きな人にとっては、とても頼りがいがある保険になると思います。
犬や猫と仲良く生活していくための保険、ご検討いただきたいです。