火災保険の選び方

火災保険って何?

まず、火災保険とはどんな保険なのか?というところからご説明をしてみましょう。

火災保険とは、簡単にいえば「火災から財産を守るための保険」になります。
とかくと「なんだ簡単ジャン」と思う人がいると思うのですが、そう簡単にはいかないのが保険の複雑なところ。
火災保険てゃ、よく調べてみると本当にややこしい保険なのです。

どうしてややこしいのかというと、まずは保険の範囲が解りにくいこと。
「火災保険」というからには、どんな火災でも保証してくれるのだろうと思ってしまいがちですが、実は火災保険では地震による火災は補償されません。

これを良く知らない人がいて、いざ地震で火災になってしまった時に問題になったというケースがわりとあります。地震による被害を補てんしてくれるのは、「火災保険」ではなく「地震保険」になりますので、このあたりは気を付けて覚えておかなければいけません。

火災保険と名前がついているからといって、どんな火災でも守ってくれるわけではないのです。

また、火災保険の「火災」の範囲に関しては、保険会社によっては自分で選ぶことができるところもあります。たとえば「落雷による火災」「破裂、爆発」などを火災保険に組み込むのかどうかを、選ぶことができます。
「できるだけ手厚い保険に入っておきたい」と考えている人は、これらの保険の範囲がどこまで適用されるのかをきちんと知っておく必要があるでしょう。

火災保険を選ぶ時

上記のような事情がある火災保険ですから、まずは自分が入ろうとしている保険がどこまで自分たちを守ってくれるのかを考えなくてはなりません。保険の中には、本当に純粋な火災しか守ってくれないところもありますし、火災の範囲がしっかりときめられているものもあります。

もし火災保険に入ったら、やはり火災保険で守ることができる範囲であるとか、そののようなことはかならずチェックされてほしいと思いますね。

また、最近よく言われるのが「自賠責」の問題です。
自賠責とは、自宅の水漏れ被害などがあった場合に補償をしてくれるプランのこと。

自宅で何があるか解りませんので、もしなんならこの自賠責がきちんとついているかどうかもチェックしてください。自賠責があるのはおそらくほとんどがそうですが、多くの人に気にしてほしいのが「間に保険会社の人が入ってくれるかどうか」です。とういうのも、実は「自賠責は、交渉は自分でやらなければいけないときめられているものが多い」ため。