バイク保険の補償内容

バイク保険の内容

バイク保険バイクに乗るときに、必ず入っておかなければならないのがバイク保険。
自動車やバイクの保険には、任意保険と自賠責保険があり、このうち自賠責保険は法律で加入が義務づけられています。
しかし任意保険は名前のとおり任意で入る保険。とはいえ、任意保険に入らずにバイクに乗るのはとても危険なこと。
万が一、任意保険に入っていないバイクで事故を起こした場合、その事故をカバーするための費用の一切を自分で負担しなくてはならなくなるのです。

自分のバイクが壊れただけ・・・等であれば、まだなんとかなるかもしれません。
しかし、人をけがさせてしまった場合や、その相手に障害が残ってしまった場合など、自賠責保険だけでは保証できず、かといってその費用を自己負担したら、一生働いても返せないような借金を背負ってしまう・・・ということもあり得るのです。

そのような状況を防ぐためにも、任意保険は欠かせないものとなりますが、その任意保険にもさまざまな種類や保証内容があります。
バイク保険のもっとも基本的な保証は、事故が起きたときのものでしょう。
車やバイクの事故というのは、その事故の状況などから、双方の過失割合を算出し、それをもとに保険会社からどの程度の金額が出るのかを計算します。
この交渉は事故車の保険会社同士が行いますが、なかには保険に加入している事故の当事者が無理な要求を突きつけるために、交渉が進まないというケースもあるようです。

自損事故について

また、バイク同士や、あるいは車とバイク、バイクと歩行者やバイクと自転車といった、相手のいる事故だけでなく、自分ひとりでバイクをぶつけるなどして起こしてしまった、いわゆる「自爆事故」、つまり自損事故に対する保証がついた保険もあります。

これは、自損事故でみずからのバイクにキズをつけてしまい、修理が必要となった場合などに、その費用ほ保険会社が負担してくれるというもの。
これは、バイクの価格が高い場合にはとても助かりますが、そのぶん毎月の保険金額も高くなってしまいます。
そのほかには、バイクが盗難にあった場合の買い換え費用を負担してくれるものなどもあり、バイク保険は目的に応じて選ぶ必要があります。
やみくもに保証内容の多いものを選んでしまうと、毎月の保険量が高くなってしまいます。
自分にとって必要なものは何かを考え、それに合わせて選ぶのが賢明なのです。